naoto.K × 館ヶ森高原豚 コラボBBQ セット

館ヶ森高原豚に可能性を感じた、ミシュランシェフ『naoto.k』こと岸本直人シェフの企画による、館ヶ森高原豚骨付ロースの塊肉を使った本格炭火焼BBQを楽しむ監修セットを販売します。特別品の為、お届けまでに2週間程度お時間を頂戴します。



岸本直人氏のHPはこちら

■骨付の塊肉を炭火でじっくり!

館ヶ森高原豚の骨付ロース塊肉1本を4時間かけて焼き上げた『naoto.k』が、この美味しさを皆様にお伝えしたいと企画しました。さらには美味しい焼き方も直伝します。肉好きにはたまらない骨付塊肉とソーセージのセットが『naoto.k』監修で登場。ご家族ご友人と本格的なBBQを楽しんでみませんか。

■企画のきっかけ

『naoto.k』は、お客様有志と各地をめぐり、その地の産物を自らが料理し、お客様に提供するイベント”美食会”を行っています。 去る5月12日そのイベントが館ヶ森アーク牧場で開催されました。 当日は、『naoto.k』が館ヶ森高原豚の骨付モモ肉をじっくりと炭火焼きにしたメイン料理が提供されました。想像をはるかに超える美味しさに参加者皆が大満足のイベントとなりました。 このことでインスパイアされ「館ヶ森高原豚の塊肉を一般の方にも味わってもらいたい」と、「naoto.K × 館ヶ森高原豚 コラボBBQ セット」の企画がスタートしました。

■岸本直人シェフコメント~館ヶ森高原豚への思い~

「美食会でお客様に提供する際、館ヶ森高原豚の”焼いたときの香り”や”味わいのクセのなさ”などから、“生産者が美味しい豚を作ろうと餌や飼育環境の維持改善など日々努力しているからだ”と確信しました。骨周りの肉の味はしっかりしていて食べ応えがある。このお肉を多くの方に味わっていただきたい。さらには、この美味しさを伝えられるのは”塊肉の炭火焼”がベストだと判断しました。 手間暇を惜しまずに時間をかけて焼き上げることで、至福の美味しさが生まれ、感動すること間違いありません。」

■炭火焼きアドバイス

~焼き方~
①焼く1時間前には冷蔵庫から肉を出し常温に戻す。
②塩コショウをまんべんなくしっかり擦り込む。
③火を熾す(できれば炎を安定させる)。
④脂部分から焼く(10分)。
⑤脂を落としながら、回転させ裏を焼く(10分)。
※エッジ部分はトングで持つなどして30秒~1分程度火を入れる。
⑥火からおろし、アルミホイルで包み余熱で火を通す(20分)。
※この④~⑥を5回、計200分繰り返す(ここがシェフの極意)。
⑦刷毛で焼き肉のたれを塗込みながら、回転させるように焼く。焦げないように気を付ける。
※炭火はとにかく弱火に保つと良い。炭火と網の間隔は15㎝程度が望ましい。
動画はこちら

■余すところなくいただきましょう

焼きあがったら、骨に沿って好みの厚さに切り分けていきます。
塩コショウとオリーブオイルをかけるだけで、館ヶ森高原豚の旨味が最大限に引き出されます。
骨の周りの肉もぜひお召し上がりください。

カタログ掲載申込番号2101-053

冷凍便 冷蔵便 通常便

naoto.K × 館ヶ森高原豚 コラボBBQ セット

内容量:
①館ヶ森高原豚骨付ロースブロック約1.6kg
②館ヶ森高原豚 BBQソーセージ5本
③館ヶ森高原豚 あらびきソーセージ7本
④館ヶ森高原専用 焼肉のたれ

原材料:
①館ヶ森高原豚
②館ヶ森高原豚、玉葱、食塩、砂糖、香辛料、にんにく
③館ヶ森高原豚、玉葱、食塩、砂糖、香辛料
④醤油、玉葱、りんご、砂糖、本みりん、豆板醤、はちみつ、米酢、にんにく、胡麻、レモン、果汁、黒胡椒(原料の一部に小麦、大豆を含む)
アレルゲン表示:
①~③豚肉 ④小麦、大豆、りんご

賞味期限:①~③冷蔵10日④常温30日以上

内容量:
①館ヶ森高原豚骨付ロースブロック約1.6kg
②館ヶ森高原豚 BBQソーセージ5本
③館ヶ森高原豚 あらびきソーセージ7本
④館ヶ森高原専用 焼肉のたれ

原材料:
①館ヶ森高原豚
②館ヶ森高原豚、玉葱、食塩、砂糖、香辛料、にんにく
③館ヶ森高原豚、玉葱、食塩、砂糖、香辛料
④醤油、玉葱、りんご、砂糖、本みりん、豆板醤、はちみつ、米酢、にんにく、胡麻、レモン、果汁、黒胡椒(原料の一部に小麦、大豆を含む)
アレルゲン表示:
①~③豚肉 ④小麦、大豆、りんご

賞味期限:①~③冷蔵10日④常温30日以上

価格(税込): 10,800 送料無料

※〔送料無料〕商品は、沖縄県・一部離島は対象外となります。
別途送料がかかりますので、ご注意ください。

108ポイント獲得

カタログ掲載申込番号2101-053

冷凍便冷蔵便通常便

数量:
お客様レビュー
投稿されたお客様レビューは
まだありません
館ヶ森アーク牧場 館ヶ森アーク牧場 Facebook 館ヶ森アーク牧場について
ページTOPへ戻る